メンタルヘルスを維持するための取り組み事例等

相談窓口について

メンタルヘルスとは何かというと、うつ病などの精神疾患を思い浮かべる方も多いのではと思いますが、簡単にいうと、メンタルヘルスとは「心の健康」のことです。
近年残業の増加や人間関係のストレスなど、様々な事例で心を病む人が増えてきています。
したがってメンタルヘルスとは精神疾患までいかずとも、心に不調を抱えている状態全般を指すといってよいでしょう。
こう定義すると、該当者は一気に増加するのはお分りでしょう。
真面目で仕事熱心で周囲からの評価も高い優秀な社員さんに心を病む人が多いという統計もあり、もはやメンタルヘルスは企業にとって、社員の心への安全対策として必要不可欠となっています。
しかし、メンタルというものは外から見えないものなので、メンタルに不調のある人を見つけ出す取り組みが必須です。
企業によっては管理職を対象に研修を開いて、時間を割いて指導しているところもあるようです。
しかし、それでもまだまだ対策として不十分です。
近年、職場に専門職の相談窓口を設置する会社が増えてきました。
専門職はたいていは保健師さんです。
その施策はある程度の効果はあったとは思われますが、それでは不十分です。
その相談窓口を利用しようという動機づけを与えなければなりません。
以前、その窓口を訪れた方で「死にたい」「死にたい」という後輩が職場にいるのだけれど、どうすればいいのですか、と言ってとても遠慮がちに訊いてきた先輩の社員さんがいらっしゃったそうです。
もっと相談窓口の敷居を低くして、だれもが訪れやすくする努力が必要です。