厚生労働省が定めているメンタルヘルスの義務化

心のケアについて

メンタルヘルスになってしまったら国内で実施されている衛生委員会に相談すれば心の問題が解決することがあります。
メンタルヘルスにかかってしまう人は労働環境や学校などの生活環境に何らかの問題を抱えています。
その対策はやはり一人で悩まずに誰かに相談することが大切です。
衛生委員会に相談した約過半数の人が今まで抱えていた心の問題を解決し、自殺や自傷行為などの防止をすることに成功しています。
また悩みを全て打ち明けた人は以前よりも健康になり、顔つきが良くなり肥満などの衛生的な問題も解決されることが多いです。
プライバシーの保護もしっかりと行われているので、安全に安心して利用することが出来ます。
相談するにあたっての守るべき事項としてはいたずら目的などではかけてはいけないということです。
ただ少しでも何か苦しいことがあれば遠慮せずに相談すると良いです。
相談員は心理学などの勉強もしており、相談員としての資格も持っています。
また女性で人生経験豊富な優しい人が多いので、なんでも話すことが出来ます。
中には男性の相談員もいるので、希望なら性別やどういう人が良いのかを希望することも可能です。
電話一本からまず相談して、それだけでは解決できないなら面会して直接相談を受けることも出来ます。
衛生委員会は必ず悩める人の味方になってくれて、誰よりも深い理解者になってくれます。
新しい一歩を踏み出したいけど、悩みに苦しんでいる人にお勧めです。