厚生労働省が定めているメンタルヘルスの義務化

従業員へのフォローについて

メンタルヘルス対策への取り組みとして企業がカウンセリング室を設置する場合に専門家として採用されるのが産業保健師になります。
ストレスや職場への不満を相談したり、休職に追い込まれてしまった従業員の復職のためのメンタルケア、健康や精神面にストレスを与える職場環境への改善を人事に提案勧告するという労務システムについての参加などが求められます。
復職する場合の人事システムにおける給与や条件などには干渉しませんが、職場環境になじめるかどうか、どのくらいの仕事量なら無理がないかなどメンタル面での判断が重要になります。
医師や臨床心理士などとも連携し、体に無理のない職場復帰の時期の決定や復帰後のフォローが重要な仕事になります。
従業員がカウンセリング室を気軽に利用できるような魅力的な人間性やメンタルヘルスに関しての豊富な知識と経験、会社のシステムと従業員のリクエストとをうまく調整できる柔軟な対応力が必要となる難しい仕事でもあります。
1対1でプライベートのことを話し合うためには信頼してもらえる雰囲気作りも重要になりますし、人間関係やノルマなどで悩む従業員に寄り添う形で悩みを解決するためのノウハウも必要になります。
心と体をケアするためのメンタルヘルス専門家として企業内に常駐していることで従業員に安心して仕事に集中してもらうことができるようになりますし、働く人の心の病気を予防することができます。
ストレス解消や健康づくりのための研修も実施してくれます。