メンタルヘルスのための4つのケアについて

従業員のメンタルケアをするには?

会社では、複雑な人間関係などのストレスにより、メンタルに変調をきたす人が増えてきています。
メンタルヘルスは、心の健康のことで、心の健康といったり、精神衛生といったりすることがあります。
ストレスを抱え込み自分の力だけでは対処できなくなったときに、メンタルヘルスの医療機関のスタッフから治療を受けることは珍しいことではなくなりました。

 

厚生労働省は、4つのケアを推進することを会社に求めています。
セルフケアとは、自分の心の健康を保つことですが管理監督者は自分のセルフケアだけでなく部下の心の健康を保つ事も要求されます。
このことをラインケアと呼び、働く人の心の健康を保つためにも非常に大切になります。
心の健康づくりとなる4つのケアとは、働く人が自分で行うセルフケアと、管理監督者が部下に対して行うラインケア、安全衛生担当や産業医が従業員に行うケア、その会社に属していない医療機関や専門家が行うケアのことです。

 

健康的な職場の環境を作っていくためには、会社で心のヘルスケアの対策が必要になりますが、予防医学によると三つのレベルに分けられ、第一段階では会社と個人が対策に取り組みます。
自分自身の健康は自分自身で保つというのが基本で、それを実現するためには自分自身のストレスを管理することと、職場の環境を変えることが必要です。
第二段階では、精神的に不調をきたしている人を早目に発見して、早目に治療を施します。
これには産業保健スタッフなど社外の人と連携することが重要です。
第三段階では、病気にかかった従業員に対して、会社と本人の不利益を最小限に留めることで、会社に復帰できるようにサポートすることがメインになります。